歯周病の専門ドクターによる治療を

当院では「日本歯周病学会認定医」の資格を取得したドクターが在籍しております。歯周病を知り尽くしたドクターによる、より専門的な歯周病治療をご提供致します。

歯がグラグラする、歯肉の炎症など歯周病は怖い病気。症状が出る前の予防が大切

その歯ぐきのトラブルは歯周病かも?

歯周病

歯周病は、歯ぐきや歯を支える顎の骨などが、菌により破壊されてしまう恐ろしい病気です。初期段階ではほとんど自覚症状がなく、気付いた時にはかなり進行していまっているケースが少なくありません。放置してしまうと最悪の場合、歯を失ってしまうケースがあります。歯を失う2大原因が歯周病と虫歯で、割合は半々です。

歯や歯ぐきに違和感を感じたら、なるべく早めにご来院下さいませ。当院では一般的な歯周病の原因となる歯垢や歯石を除去する治療だけではなく、GTRやエムドゲイン等の歯周組織再生治療も行っています。

心当たりの症状はありませんか?歯周病かもしれません

以下の症状に一つでも当てはまる方は要注意です。なるべく早めに歯科医院にて診察を受けましょう。

  • ブラッシングをすると歯ぐきから出血する
  • 口臭が気になる、もしくは指摘されるようになった
  • 口の中がネバネバする
  • 歯ぐきが明らかに腫れている
  • 歯ぐきがブヨブヨ柔らかい
  • 歯ぐきが赤や紫に変色している
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 硬い物を咬むとき痛む
  • 歯がグラグラする
  • 歯ぐきが痩せてしまい、歯が長く見える
  • 歯のすき間に、食べカスが挟まりやすくなった
  • 歯ぐきがムズ痒い、もしくは痛い

歯周病の進行度合いと、段階に応じた治療法

歯肉炎(歯周ポケット3mm程度)

歯肉炎

歯ぐきが赤く腫れ、毎日のブラッシングなどの際に出血することがあります。「超音波スケーラー」を用いて、歯ぐきの縁についた歯石を除去します。

軽度歯周炎(歯周ポケット3~5mm)

軽度歯周炎

歯周の炎症が広がったことで歯周ポケットが深くなり、そこから血や膿が出ることがあります。口臭が発生するケースも生じます。「超音波スケーラー」「キュレット」を用いてポケットの更に奥の歯石を除去します。

中等度歯周炎(歯周ポケット6mm以上)

中等度歯周炎

炎症が慢性化し、歯根膜や歯を支える顎の骨が溶け始めます。口臭もより強くなり、歯が浮いたような感覚が生じることでしょう。物を咬む際に痛みが発生し、歯もグラグラします。フラップオペ(歯ぐきを切開し、歯周ポケットの深部に入り込んでしまった歯垢や歯石をこそげ取る手術)を行います。

重度歯周炎

重度歯周炎

顎の骨はほとんど溶けてしまい、歯根が露出することで歯のグラつきも更に酷くなります。煎餅などの硬い物を食べることはおよそ不可能で、やがて歯が抜け落ちてしまうケースも多々見られます。歯を失ってしまった場合は、入れ歯やインプラントで穴埋めすることをお勧め致します。

患者さんの声

長年患っていた歯周病が治りました(50代 主婦 女性)

もう何年も前から奥歯の歯ぐきが痛むことがあり、抗生物質を飲んでいました。数ヶ月前は、頻繁に痛むようになり困っていたのですが、知人の紹介で門司歯科医院に通うようになりました。治療後すぐに痛みはなくなり、今では普通にものを食べることができます。もっと早く治療を受けていればよかったと思いました。ありがとうございました。

予防が一番

予防歯科

これまで歯周病の仕組みや恐ろしさ、具体的な治療についてご説明して参りました。しかし、最も効果的な「治療」は、「予防」以外にありません。患者様ご自身で行って頂く毎日のブラッシングが、予防の要です。歯周病は「感染症」という側面から、治療をしたからと言って油断は出来ません。治療後に正しいブラッシングを怠ると、またすぐに再発してしまう可能性が高いことを肝に命じておきましょう。正しい毎日のブラッシング法を覚え、歯周病とは無縁の快適な口腔環境を保ちましょう。

歯周病は、予防歯科で十分に防げる時代です。

アクセス・診療時間

ご予約・お問合せTEL : 048-790-1234

東武野田線「岩槻駅」西口徒歩1分 
フェスタスクエア2F(ヤオコーの上)
〒339-0067
埼玉県さいたま市岩槻区西町2-5-1
フェスタスクエア2F

診療時間10:00-13:00 / 14:30-20:00(土~19時/日祝~18時)