オールセラミッククラウン

審美歯科治療では、一般的にセラミック素材が用いられます。

セラミックとは、本物の歯に近い色調と透明感をあわせ持った、金属並みの強度を誇る素材のことです。金属が一切使われていないメタルフリー素材なので、金属アレルギーの心配がなく、本物の歯とほとんど変わらない自然で美しい仕上がりを期待することができます。

また、時間経過による変色や劣化も少ないので、忙しくて治療期間を長くとることができない方にピッタリな素材でもあります。

当院では、セラミック素材のなかでも、主にオールセラミックやハイブリッドセラミックを使用しており、患者さんのご希望やおくちの状態、症状などに合わせて使い分けております。

前歯の被せ物(クラウン等)

ジルコニアクラウン

前歯のジルコニアクラウン

「人工ダイアモンド」として、たいへん有名なジルコニアで作られた歯冠の上に、高品質セラミックを焼き付けたオールセラミッククラウンです。

「セラミスト」と呼ばれる技術力のある歯科技工士が、さまざまな色のセラミック素材を何層にも重ねることで、より自分の歯に近い、自然な色合いと質感を再現することができます。

ジルコニアクラウンは、審美歯科におけるオールセラミッククラウンとしては、たいへん人気が高く、お顔や歯並びの印象を大きく左右する前歯の修復に、もっとも適しています。

メタルボンドクラウン

前歯のメタルボンドクラウン

金属で作られた歯冠の上から、セラミックを焼き付けたセラミッククラウンです。

強度と精密性に優れたメタルボンドは、長らく歯科治療に用いられてきましたが、長期にわたって使い続けていると、歯茎の境目部分から、金属色が見えてしまうことがあったため、前歯の被せ物には不向きとされていました。

しかし、「ポーセレンマージン」と呼ばれる製作方法を用いることで、メタルボンドクラウンの欠点を解消することができる場合があり、いまでは前歯の被せ物として使用されるケースがあります。

当院では、技術力のある歯科技工士が、さまざまな色のセラミック素材を何層にも重ねて、患者さまご自身の白く美しい前歯の被せ物を1つ1つ丁寧に製作しております。

イーマックスクラウン(e.max)

イーマックスクラウン

歯冠全体が、新世代のガラス系セラミック素材「イーマックス」を用いて製作されるオールセラミッククラウンです。

イーマックスは、セラミック素材のなかで、もっとも人間の歯に近い硬度を持つ素材なので、噛むたびに磨き擦り減ったりすることがありません。また、均一な透明セラミック素材なので、自然なエナメル質の透明感を再現することができます。

前歯を左右対称の本数、2本・4本・6本治療するケースに向いています。ジルコニアクラウンに比べると、やや色に制限がありますので、前歯の複雑な質感をリアルに再現することは難しいですが、場合によっては、とても美しいおくち元を再現することができるオールセラミッククラウンとなります。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

前歯の表面を、0.3mm~0.5mmほどごく薄く削り、付け爪のような薄いセラミックプレート「シェル」を、コンポジットレジン(CR)を使って、歯の表面に貼りつける審美治療です。

虫歯や抗生物質などによって前歯が変色してしまった、歯と歯の隙間が広くて気になる、前歯の歯並びを整えたいなど、前歯に関するお悩みを抱えている方に適しています。

奥歯の被せ物(クラウン)

ジルコニアクラウン

奥歯のジルコニアクラウン

ジルコニアクラウンの「ジルコニア」は、医療分野の人工関節や工業用製品のお皿や包丁などにも使われており、「白いダイアモンド」と呼ばれるほど、たいへん美しく頑丈な素材です。

まわりの健康な歯の色とも合わせやすく、強度も高いので、奥歯の修復に向いています。

当院では、

  • ジルコニアキャップにセラミックを焼き付けたクラウン
  • 冠全体がジルコニアで出来たフルジルコニアクラウン

2つの機能性と審美性に富んだオールセラミッククラウンをご用意しており、患者さまのおくちの状態や症状に合わせて、使い分けております。

メタルボンドクラウン

奥歯のメタルボンドクラウン

金属製の歯冠部分に、セラミックを焼き付けたセラミッククラウンです。

開発されてから十数年が経った、いまでもセラミッククラウンのなかで、もっとも実績と信頼性のある安定した被せ物として、人気があります。

耐久性が高く、適合性も良いので、奥歯のクラウンやブリッジとして用いられることがあります。

イーマックスクラウン(小臼歯の4番・5番の奥歯まで)

小臼歯イーマックスクラウン

小臼歯の奥歯(前歯から数えて4番目、5番目の小さな奥歯)であれば、ニケイ酸リチウムガラスセラミックを素材とするイーマックスクラウンによる歯科治療が可能です。

摩耗性が自分の歯に近いので、治療した奥歯の反対側にある健康な歯を傷付けにくく、分子レベルで歯とピッタリ接着されますので、虫歯の再発リスクを下げることができます。

歯の土台「ファイバーコア」

ファイバーコア

歯科治療を受けた歯は、次第にもろくなってしまいますので、被せ物をする歯の根っこ部分の強度を上げるために、土台となる「コア」が必要となります。

当院では、被せ物や歯根への負担がかかりにくい「ファイバーコア」を使用しております。

ファイバーコアは、グラスファイバーとマトリックスレジンを合わせた土台(コア)のことであり、金属アレルギーの心配が無く、象牙質に近い性質を持っていますので、歯にかかる力を分散させて、人工歯や歯根にかかる負担を抑えられ、歯の根っこが割れてしまうのを防ぐことができます。

また、ファイバーコアは、光の透過性が高く、白色をしていますので、人工歯の審美性が損なわれることがなく、自分の歯のような自然で美しい白い歯に見せることができます。

審美性と機能を重視した審美歯科治療で素敵な笑顔に

歯のトラブルは審美的に修復しましょう

銀歯が目立って人前でおくちを大きく開けるのに抵抗がある、治療した患部が不自然なので思いきり笑えなくなった、などのお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?そのようなお悩みは、審美歯科で解消することができます。

審美歯科は、本物の歯に近い素材を使って、おくちを開いたときに見える歯や歯茎の見た目をキレイに整えながら、かみ合わせなどの機能も合わせて改善していく歯科診療です。

おくちの見た目にお悩みの方は、どうぞお気軽にご来院ください。

アクセス・診療時間

ご予約・お問合せTEL : 048-790-1234

東武野田線「岩槻駅」西口徒歩1分 
フェスタスクエア2F(ヤオコーの上)
〒339-0067
埼玉県さいたま市岩槻区西町2-5-1
フェスタスクエア2F

診療時間10:00-13:00 / 14:30-20:00(土~19時/日祝~18時)